脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜





脳卒中後の杖について

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜≫脳卒中後の杖について

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜

杖には、さまざまなタイプのものがありますが、T字杖・ロフストランド杖・4点杖・ウォーターケインといった種類の杖のそれぞれの特徴について、詳しくご紹介しましょう。

T字杖は、グリップがアルファベットのTの字のような形状をしている杖で、杖としてはもっともよく一般的に用いられています。傘と兼用になったタイプのものや、折り畳み式のものなどもあります。

T字杖は、麻痺側の足で身体を支え、安定性に優れており、身体のバランスか良いときに適しています。グリップの種類は、T字型の他にL字型、丸型、フィット型などがあります。

ロフストランド杖は、肘のところで体重が支えられるリングが付いた杖で、T字型の杖より、腕の力を利用することで、しっかりとした安全性が得られます。
ロフストランド杖は、とくに麻痺側の足で、体重が支えられない場合に、使用される杖です。

4点杖は、1本杖では身体が安定しない人のために作られた杖で、杖先には4本の足がついています。支持面が大きいため、しっかりと安定します。身体のバランスがとりにくく、体重支持ができない場合に使用される杖です。ただし、デメリットをあげると、歩行速度が遅くなり、屋外での歩行には4点杖は不向きです。

ウォーカーケインは、訓練用の杖として使用するもので、4本の足がついていて支持面が広いため、安定性が高いものです。麻痺の症状が重度で、身体のバランスが悪い人にも使用できます。ただし、重力があり、大きいため、上腕の支持力と握力がある程度は必要となります。

一般的に、杖の長さは、健側のつま先から前に15cm程度、外側に15cm程度の位置にまっすぐ杖を立てて、グリップを握るときの肘の角度が150度ぐらいに曲がるぐらいの長さであるのが理想的で、わかりやすく言えば、ズボンのポケットの高さぐらいの位置に来るのが、ちょうど良いとされる目安となります。

脳卒中を発症して、身体に麻痺症状が出て歩行が困難になった場合に、使用する杖は選択肢が多いですが、体力がある程度回復してきたら、杖を歩行補助具として使用することにより、移動能力が大きく変わってきます。

杖の使用については、主治医やリハビリに関わる理学療法士や作業療法士、ケアマネージャーに相談して選んでもらうと良いでしょう。

  • 自己紹介
  • 脳卒中後の家庭でできるリハビリ
  • 脳卒中関連コンテンツ
▲このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2008- [脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜] All rights reserved
TTSレート