脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜





視覚障害について

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜≫視覚障害について

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜

視覚障害は、脳卒中の症状のひとつであり、目の動きや視覚に障害が起こることを言います。
能祖注による視覚障害には、視力の低下・視野が狭くなる・物が二重に見えたり、まぶたが開きにくくなるといった症状が引き起こされることがあります。

視力障害がひどい場合は、視野が狭くなるために、見えない部分にある壁や物にぶつかったりすることがあります。また、文字を読んだり書いたりするといった作業が、困難になることもあります。

視力障害の原因は、実にさまざまですが、視覚伝導路の障害が原因とされる場合もあれば、眼球の運動を司る脳神経が、原因とされる場合も考えられます。さらに、視覚情報を認知する中枢神経がダメージを受けたことにより、障害がみられる場合もあれば、これらの要因が複雑に絡み合っている場合もあります。

視力・視野の障害は、視覚伝導路のどの部位に障害があるのかによって、症状の出方や度合いが違ってきます。視力・視野の障害では、視野の片側半分、または一部が見えにくくなる半盲と呼ばれる状態があります。

なお、視野狭窄の場合は、日常生活の中ではそれほど支障がなく、本人がある程度認識して十分注意していれば、代償できることもあります。視野狭窄は、脳卒中に限らず、緑内障や網膜剥離といった眼の疾患にかかった場合にも、このような症状が出ることがあります。

眼球運動は、動眼・外転神経・滑車と呼ばれる3本の脳神経によって、支配されており、眼球の動きを滑らかに調整する役割を果たしています。
眼球運動に障害が引き起こされた場合、視力、複視、視野が低下します。眼球運動に障害が引き起こされた場合、対処法としてリハビリテーションプログラムを組み、眼球の動きについて反復する訓練が行われます。

この中で、複視とは、物が二重に見えることを指します。単に、物が二重に見えるだけではなく、奥行きの感覚も鈍くなり、日常生活では片目を覆うことで、物が一重に見えるので、安全に行動することができます。ただし、常に片目だけ見える状態にしていると、複視の回復やリハビリが遅れてしまうことになります。

眼瞼下垂とは、一言で簡単に言えば、上まぶたが開かない状態のことを指します。これは、動眼神経に障害が起こったために、眼瞼の拳上を司る筋肉が麻痺して、眼を開くのが困難になります。
まぶたにテープを貼り、眼を開かせることはできます。

視覚は、脳神経の複雑なメカニズムによって構成されており、脳内が損傷した部位やその度合いによっても、人それぞれ症状には個人差が出てきます。治療やリハビリが必要とされる場合は、医師による経過観察が必要となります。視覚障害に関する正しい知識を持ち、日常生活が支障なく行うことができるように、危険な目に遭わないように、しっかりとした代替方法をとり、まずは視覚障害特有の見え方、対処の仕方について理解すること、そして慣れていくことが大切ですね。

  • 自己紹介
  • 脳卒中後の家庭でできるリハビリ
  • 脳卒中関連コンテンツ
▲このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2008- [脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜] All rights reserved
TTSレート