脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜





手足のむくみを対処する方法

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜≫手足のむくみを対処する方法

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜

手足のむくみを対処する方法について、ご紹介していきたいと思います。
身体のむくみが生じる原因にはいろいろありますが、健康な人でも冷え症体質の人や、血の巡りが悪い人は、身体に軽いむくみが生じることがあります。

血液循環の仕組みについて、通常は筋肉の収縮ポンプの作用により、血液循環が促進されていますが、身体に麻痺が残っている人の場合は、このような作用がうまく機能していないことが原因で、身体にむくみが生じることがあります。

手足のむくみは、運動やストレッチを行うことによって、軽減されることもあります。
手足の筋肉を収縮させることにより、血液循環を促進させることができます。
じゃんけんのグーとパーを交互に何度も繰り返して行うことで、手首の筋肉が鍛えられます。
脚の指でグーとパーを交互に繰り返して行うことで、足首の筋肉が鍛えられます。

血液循環を促進するには、マッサージを取り入れるのも良い方法です。
末梢神経から中枢部に向かって、マッサージを行うのがポイントです。足からふくらはぎに向かい、マッサージを行います。手のマッサージは、指から手、手から腕に向かってマッサージすると良いでしょう。

これまで体のむくみが気になったことがなく、とくになにもしていないのに、身体に突然むくみが生じたり、片麻痺側だけでなく、健側の手足にむくみが出てきた場合は、腎臓や心臓の機能が低下している可能性も考えられますので、異変を感じたら、速やかに医師に相談しましょう。

  • 自己紹介
  • 脳卒中後の家庭でできるリハビリ
  • 脳卒中関連コンテンツ
▲このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2008- [脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜] All rights reserved
TTSレート