脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜





上肢の他動的ストレッチ

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜≫上肢の他動的ストレッチ

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜

上肢の他動的ストレッチの方法について、ご紹介しましょう。
肩関節は、下から上にゆっくりとあげて、側方に向かって腕をゆっくりとベッドの上にそわすような感じで、動かしていきます。

肘を90°直角に曲げたままの姿勢をとり、上下に動かしていきます。

ひじ関節の他動的ストレッチの方法は、肩を内側に曲げる運動とともに、肘の屈伸運動を行い、手首を持ち、内外方に回していきます。

手関節の他動的ストレッチの方法は、手首を持ち、上下に曲げます。
手指の他動的ストレッチの方法は、親指と他の指を持ち、広げて曲げます。

股関節の他動的ストレッチは、下肢全体を保持しながら、上方に少しずつ曲げて、下肢全体を保持しながら側方に少しずつ曲げます。

膝関節の他動的ストレッチの方法は、下肢全体を持ち上げて、膝を上下に曲げます。
足関節の他動的ストレッチの方法は、足関節を足の底から保持しながら、上方に曲げます。

上肢の他動的ストレッチの注意点として、ベッドの高さには十分な配慮が必要で、あまり低すぎてしまうと、介助者には腰に負担がかかりやすくなり、腰痛を引き起こす原因となります。

とくに、大柄な人のストレッチの介助を行う場合、下肢を保持するのが大変になってきますので、できるだけ数回に分けて行い、1回あたりの回数を少なくして負担を軽減させる工夫をしましょう。
手の力だけで行うのではなく、介助者の体全体を使うことにより、比較的楽になりますので、臨機応変に工夫すると良いでしょう。

  • 自己紹介
  • 脳卒中後の家庭でできるリハビリ
  • 脳卒中関連コンテンツ
▲このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2008- [脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜] All rights reserved
TTSレート