脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜





臥床時の麻痺側の上下肢の姿勢

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜≫臥床時の麻痺側の上下肢の姿勢

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜

臥床時の麻痺側の上下肢の姿勢は、どのようになっているのでしょうか。
脳卒中の後遺症で、麻痺の症状が重くなるほどに、就寝時は無意識に体が動いており、重力の影響を受けやすくなります。

無理な姿勢を長時間取り続けていると、血行不良を引き起こし、さらには浮腫や体の痛みなどの原因となります。
無理な姿勢をとらないですむように、バスタオルやクッションなどを用いて、寝ているときは常に良肢位になるように注意を促す必要があります。

就寝中に仰向けの姿勢をとり、無理のない姿勢を維持するには、できるだけ低めの枕を選び、顎を正面からやや麻痺側のほうに向けること、指を握り込んでしまう癖がある人は、タオルを丸めて握らせておくこと、感覚障害を持つ人の場合、上肢が体の下にきていても、なかなか気づかないことがありますので、手部を体の上に常に置かせるように心がけることが大切です。

手の位置は適度に変化させるようにして、同一の姿勢にならないように心がけることが大切です。無理に同じ姿勢を取り続けることで、血流が悪くなったり、身体的にさまざまな影響を及ぼすことがあります。
肩の肢位について、無理がある場合、上肢を横に開く肢位をとること、下肢が麻痺側に開かないように、タオルなどを丸めておいたものを横に置いて、足首が下垂しないようにするために、足の底の部分にクッションなどを置いて姿勢を保つなど、工夫を心がけると良いでしょう。

横向きの姿勢をとるときは、麻痺側を上にして、重力がかからないように注意しながら枕をはさむと良いでしょう。半うつぶせの状態で寝るときは、麻痺側全体をクッションに寄りかかると良いでしょう。

就寝中の注意点として、長時間同じ姿勢を取り続けることがないように、昼間は2時間前後を目安として、寝る姿勢をできるだけこまめに替えること、そして初めて行う姿勢では、体に痛みがないか、きちんと確認しておきましょう。
麻痺側を下にする場合、クッションを低くして、できるだけ角度を少な目にしておくのがポイントです。

同じ姿勢を取り続けることを未然に防ぐことで、血流の滞りを防ぐとともに、とくに寝たきりの姿勢をとる時間が長い人にとっては、褥瘡の予防ケアにもなります。

  • 自己紹介
  • 脳卒中後の家庭でできるリハビリ
  • 脳卒中関連コンテンツ
▲このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2008- [脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜] All rights reserved
TTSレート