脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜





嚥下障害のある人の食事介助

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜≫嚥下障害のある人の食事介助

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜

嚥下障害とは、食べ物や水分などを口の中に取り込み、咽頭から食道、さらに胃まで送り込むことであり、この過程においてうまくいかないことを嚥下障害といった呼び方をしています。
嚥下反射は、食べ物が口から入って、咽頭を通過して食道まで送り込まれる一連の動作のことを指すものであり、わかりやすく言えば、唾液を飲み込むときに、喉仏に手を置くと、ごっくんという瞬間に喉仏が拳上する反応について、嚥下反射と言います。

嚥下障害がある人は、この反応が悪く、口の中には食べ物が残っていなくても、喉にはまだ残っていることがあります。

食事介助でとくに注意が必要なのは、誤った方法で行うことで、食事中にむせやすくなり、スムーズに食事ができなくなると、栄養不足に陥ることがあります。食事の介助では、一度に大量に食べ物を詰め込まないように心掛けるとともに、食事中の姿勢やペースなど、十分な配慮を心がける必要があります。

とくに、ボーッとしているときに誤嚥が起こりやすく、食事の前にはきちんと起きていることを確認する必要があります。
食べ物が口の中に残っていなくても、嚥下反射がない場合は、喉に食べ物が残っていると考えられます。
気づかないまま、次のひと口を口の中に入れると、誤嚥の可能性が高く、危険です。
声が痰がからんだようになったら、食べ物が気管に入りかけていますので、咳払いをすると良いでしょう。

上向きの姿勢で食べると、食べにくいことはもちろん、気管に入りやすくなりますので、正しい姿勢をとるように心がけましょう。
スプーンの位置を上からでなく、下からにすることで、顔が下向きになりやすく、気管に入りにくくなります。

  • 自己紹介
  • 脳卒中後の家庭でできるリハビリ
  • 脳卒中関連コンテンツ
▲このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2008- [脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜] All rights reserved
TTSレート