脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜





移乗の介助方法

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜≫移乗の介助方法

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜

ベッドから車椅子への移乗について、とくに腰への身体的負担がかかりやすく、1日の中での介助の回数の頻度が増えてきますので、負担を軽減するために、福祉用具を活用すると良いでしょう。

ベッドから車椅子へ移乗するときは、車椅子を対象者(患者)の健側斜めにつけておきます。車椅子に移乗する前に、対象者の臀部(お尻)を車椅子に近づけておくのがポイントです。
このときに、ベッドは、車椅子の座位の高さよりはやや高いほうが、立ち上がるときに負担がなくてすみます。健側の脚を軽く開いておくこと、車椅子のブレーキは必ずかけて、固定させておかないと、転倒してけがや骨折の原因となりますので、注意しましょう。

対象者は、健側の手で車椅子のアームレスの部分をつかみ、軽く体を前に傾けて、介助者は脚を開いて軽く膝を曲げても腰を低めの姿勢をとり、腰を支えながら立ち上がります。

立ち上がりの姿勢の安定感が良くなってきたら、健側の下肢を軸に、体を回転させ、車椅子に臀部(お尻)が向くまで回転したのを確認して、前かがみの姿勢で腰をゆっくり下ろすのに合わせて、介助者は、膝を曲げて腰をゆっくり落とします。
このときに、対象者が前かがみの姿勢をとれるように介助することで、安全にすることができます。

立ち上がるときは、介助者は膝を曲げて、対象者の体に密着させておくことで、腰の身体的な負担を軽減することができます。とくに、対象者が腰ひもやベルトを着用していると、介助にかかる負担を軽減させて楽になります。

  • 自己紹介
  • 脳卒中後の家庭でできるリハビリ
  • 脳卒中関連コンテンツ
▲このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2008- [脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜] All rights reserved
TTSレート