脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜





自分でできる移乗の方法

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜≫自分でできる移乗の方法

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜

移乗の動作は、とくに重心の移動距離が大きいことから、転倒するリスクが高いとされる動作のひとつであり、スムーズに移乗ができるようになると、ポータブルトイレを使用するなど、対象者の自立にもつながります。さらに、車椅子の移乗がスムーズになれば、散歩をしたり、行動範囲が広がり、気分転換もできるようになりますので、日常生活がより豊かになります。

ベッドから車椅子への移乗について、その手順をご紹介しましょう。
ベッドから車いすに移乗するときは、車椅子を健側の斜めにつけて、このときにブレーキをかけて固定させておくのを忘れないようにしましょう。
ベッドはできるだけ高さがあるほうが、立ちやすくなります。

健側の脚を少し引いて、臀部(お尻)をずらして車椅子に近づき、健側の手で車椅子のアームレストをつかんで、立ち上がります。
このときに、脚を引いて、前かがみの姿勢をとりながら立ちます。

健側の下肢を軸に回転させて回り、座るときに前かがみの姿勢をとりながら腰を下ろすと、座ったときに安定感があります。

移乗するときのポイントとして、対象者が立ち上がりやすいような環境を設定しておくとが、身体的な負担の軽減にもつながります。
立ち上がりやすくするには、ベッドを車椅子よりもやや高めの位置に設定しておくこと、つかまって立てるように、車椅子の手すりやベッドの柵をきちんと整備しておくことです。


臀部(お尻)の移動の距離をなるべく少なくするためには、肘掛のはずれるタイプの車椅子を使用すること、車椅子に移動する前に臀部を近づけておくことです。

  • 自己紹介
  • 脳卒中後の家庭でできるリハビリ
  • 脳卒中関連コンテンツ
▲このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2008- [脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜] All rights reserved
TTSレート