脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜





床から立ち上がるときの介助方法

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜≫床から立ち上がるときの介助方法

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜

床から立ち上がるときの動作は、上下に対する移動になり、介助者にとっての身体的な負担がかかります。ですから、できるだけ様式の生活スタイルに整えることが、患者にとっても介助者にも負担を軽減することになります。

寝具は畳にふとんを敷いて寝るよりは、ベッドのほうが良いでしょう。
食事をするときは、ちゃぶ台やこたつなど高さが低いものではなく、椅子にこしかけてテーブルで食事をしたほうが良いでしょう。

立ち上がるときの介助の方法として、マットやふとんなどは不安定なので、立ち上がるときはにじり歩きで、マットやふとんの上から離れることです。健側の脚を麻痺側の脚の下に入れて、介助者は隣で膝立ちになります。

健側の手を前について、介助者は対象者(患者)が片膝立ちの姿勢になるように、腰部を持ち上げ、対象者の体を就きだすようにして、腰部を持ち上げると良いでしょう。
健側の膝・手・脚が三角形の位置につくと、安定感があります。
対象者は健側の手足で床を押しながら、介助者が対象者の腰を少し回しながら持ち上げ、このときに対象者が健側の脚のつま先を立てて踏ん張っていると、立ち上がりやすくなります。

対象者の健側の脚が伸びやすいように、介助者は腰を引き上げます。
対象者はのこのとき後ろに倒れないように注意して、健側に麻痺側の脚を引き寄せながら立ち上がります。

対象者は、ベルトや腰ひもをつけると、介助者の身体的な負担を軽減することができます。とくに、床から立ち上がる動作は、対象者にも介助者にとっても負担がかかりやすく、無理をすると腰や足を痛める可能性もあり、家族だけでは介助が困難な場合は、ヘルパーを利用するなど、介護サービスを積極的に利用することを検討すると良いでしょう。

  • 自己紹介
  • 脳卒中後の家庭でできるリハビリ
  • 脳卒中関連コンテンツ
▲このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2008- [脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜] All rights reserved
TTSレート