脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜





自分でできる床からの立ち上がり方法

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜≫自分でできる床からの立ち上がり方法

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜

毎日、ふとんで寝ている人や畳の部屋で生活している人は、床から起き上がる動作についてきちんと身につけておく必要があります。
ふとんから起き上がるよりは、ベッドから起き上がるほうが、ベッドの高さがありますので、体の負担は軽減されます。

ふとんから起き上がり、床から立ち上がるには、他の日常的な動作と比較すると、下肢の筋力が必要で、体の安定感などバランス能力も要求されます。
床から立ち上がる動作は、いろいろな方法がありますが、台などにつかまりながら床から立ち上がる方法と、もうひとつにはつかまるものがなく、床から立ち上がる方法があります。

では、まず、台などにつかまりながら床から立ち上がる方法について、ご紹介しましょう。
体重がかかっても動かなない安定感の良い台を選ぶ必要があり、体重をかけたときに動いてしまうと、転倒する可能性もありますので、十分注意しましょう。

にじり歩きで台に近づき、健側手を台において、健側の腕に体重をかけます。このとき、第二健側の手をついて、健側の肘を曲げます。
健側の方向に体を回転させながら、腰を浮かせて健側の片膝立ちになると、回転する方向がうまく立ち上がります。

健側の手の位置を体に近づけながら、体をゆっくりお越し、健側の手と両手で、三角形を作るのがポイントです。
健側の手を床につけたまま、健側の膝を少しずつ伸ばして、健側の手の位置を健側の脚に近づけて、健側の手を床から離して、起き上がると良いでしょう。

立つ・座るといった動作で、負担が大きい場合は、電動昇降座椅子を利用する方法もあります。電動昇降座椅子は、手元のレバーによる操作で、座面を昇降させることが可能です。

  • 自己紹介
  • 脳卒中後の家庭でできるリハビリ
  • 脳卒中関連コンテンツ
▲このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2008- [脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜] All rights reserved
TTSレート