脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜





起き上がりの介助方法

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜≫起き上がりの介助方法

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜

自分で起き上がれないほど、症状が深刻な人は、そのままでは寝たきりになってしまう可能性が高くなりますので、周囲の介助が必要となります。
寝たきりを防ぐには、体を起こして座るという動作が必要になります。

体を起こすための介助の方法には、起き上がる方向の腕を軽く開き、両ひざを立て、起き上がる方向に両ひざを倒し、下半身を少し横向きにします。このときに、介助者は、腰を痛めないように、足を開いて膝を少し曲げておきましょう。

注意点として、膝を伸ばしたまま体を起こすと、痛みをともなうことがありますので、膝は必ず曲げるのがポイントです。
上半身を介助して、完全に横向きにして、下半身を介助して、膝から下の部分をベッドから垂らします。

片手で首と肩を支えながら、もう片方の手で、腰を支えて座らせ、座ったときの姿勢を安定させます。

ここで、ソファや椅子から立ち上がる方法について、ご紹介しましょう。
ベッドから車椅子への移動も大変な動作ですが、椅子やソファから立ち上がる動作は、重力に抗して立ち上がるため、姿勢が不安定になりやすく、とくに方麻痺がある人には困難な動作となります。

正しい立ち上がり方をマスターすることはもちろんですが、立ち上がりの動作がしやすい椅子を選び、利用するのが重要ポイントになります。
スムーズに立ち上がるには、浅く腰掛けて、臀部(お尻)と足の裏が床についた安定した状態にします。健側の脚を少し引いて、手の力を使い、お辞儀をするような感じで前かがみの姿勢をとり、立ちます。

立ち上がりやすく工夫するには、椅子は肘掛けがついたタイプのほうが、安定しやすくなります。座面の高さは少し高めのものを選び、ソファーは坐位が低くなりますので、座布団などを敷いて座面を上げると、スムーズに立てるようになります。
そして、手すりを利用することです。

立ち上がりやすい椅子を上手に選ぶポイントは、つかむところがあること、座面が高いことです。もし、立ち上がりにくい椅子やソファーを使用している場合は、なるべく上記のようなポイントに近づけることです。

ソファーの座面が低い場合は、座ぶとんやクッションなどを利用して、座面を高く上げると、自然に立ち上がりやすくなり、患者とともに介助者の負担も軽減されます。
立ち上がりやすい高さは、ひざ下から床までの高さよりも、少し高めの位置ぐらいです。
つかむところがなければ、簡易の手すりを用意しておくと良いでしょう。

  • 自己紹介
  • 脳卒中後の家庭でできるリハビリ
  • 脳卒中関連コンテンツ
▲このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2008- [脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜] All rights reserved
TTSレート