脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜





浴槽内の移動方法について

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜≫浴槽内の移動方法について

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜

浴槽内での移動の方法について、ご紹介したいと思います。
基本的に、浴槽内での移動は、素足のままで移動することになります。
浴室内は水やお湯で濡れている上に、さらに石けんの泡が残っていたり、タイルなどで滑りやすい状況になっています。
健康な人でも、ちょっと油断すると滑りやすいので、手足に麻痺がある人は、とくに注意が必要となります。
浴室には、手すりをつけるのが望ましく、シャワーキャリーなどを上手に活用しながら、浴室内での転倒防止対策を万全にしておきましょう。

手足に麻痺が残る人で、歩行可能な人は、下肢を引きずるように歩く傾向があることから、とくに浴室内では転倒リスクが高くなりますので、細心の注意を払う必要があります。
日常生活の中で、装具を使用して歩行が自立している人は、入浴するときには、装具を外す必要があります。
入浴時および入浴中に転倒しないように、十分に注意する必要があります。

介助歩行する場合、入浴時には、介助者がつかめる着衣などを身につけていないため、手首や腰、脇の下などを両手でしっかり支えるようにして、転ばないように注意します。
立位が不安定な場合は、脇の下を支えると良いでしょう。

なお、手足の麻痺が重症で歩行が困難な人は、シャワーキャリーで浴室に入る場合に、浴室と脱衣所の段差をまずは解消しておく必要があります。
さらに、浴室の扉を広げるための工事を行う必要が出てきます。

とくに、バスリフトを設置する場合は、設備が大がかりなものになりますので、住宅改修を行う必要が出てきますが、個人の判断だけでは難しい部分もありますので、介護申請をしている人は、ケアマネージャーに相談すると良いでしょう。
また、作業療法士や介護・福祉の専門家に相談して、アドバイスを求めましょう。
家庭向けとしては、吊り下げ式のリフトを設置するのが、一般的です。

  • 自己紹介
  • 脳卒中後の家庭でできるリハビリ
  • 脳卒中関連コンテンツ
▲このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2008- [脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜] All rights reserved
TTSレート