脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜





入浴で使用する補助用具

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜≫入浴で使用する補助用具

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜

脳卒中を発症して方麻痺が残る人が安全に入浴できるように、浴室や脱衣所を使いやすくするための工夫が必要になります、その中で、入浴補助用具を活用するのは良い方法であると言えます。ただし、その選び方が間違っていたり、使い方が間違っていると、かえって危険性をはらむことになりますので、注意が必要です。

入浴で使用する補助用具の使用方法や選び方については、介護用具に詳しいケアマネージャーや介護福祉士、作業療法士、理学療法士などの専門家に相談しておくと良いでしょう。
一言で入浴補助用具とは言っても、実にさまざまな種類のものが販売されており、病院や介護事業所などで入浴用の補助用具など、介護用品のカタログが用意されていますので、どのようなものがあるのか見て、その人の症状や用途に合うタイプの補助用具を利用すると良いでしょう。

入浴で使用する補助用具には、シャワーチェアー・シャワーキャリー・バスボード・浴室内昇降機・浴槽台・バスグリップ・滑り止めマットなどがあります。
シャワーチェアーは、体を洗うときや坐位で浴槽に入るときに安定しやすくて立ち上がりやすい高さのものを選んで使用すると良いでしょう。回転式や折りたたみ式のシャワーチェアーがありますが、使いやすいものを選びましょう。

シャワーキャリーは、水回り用車椅子のことで、入浴のときだけに限らず、洋式トイレを使用するときにも活用できます。おもに、介助歩行が困難な人に使用されます。バスボードは、坐位で浴槽に出入りする際に使うものであり、浴槽の広さにより、ボードをはずす必要が出てくる場合もあります。

浴室内昇降機は、折りたたみや取り外しができてコンパクトに収納できるように工夫されています。おもに、浴槽内で立つ・座るといった動作が困難である場合に使用されます。浴槽台があれば、浴槽内で常に安定性を保つことができて、立ちあがりの動作が楽になります。
バスグリップは、浴槽の縁に固定して使うもので、簡易タイプの手すりです。浴室内に必ず設置しておくと安心なのが、滑り止めマットです。とくに、片麻痺の症状がある人に限らず、健康な人でも、浴室で滑る可能性は十分にありますので、設置しておくと良いでしょう。

  • 自己紹介
  • 脳卒中後の家庭でできるリハビリ
  • 脳卒中関連コンテンツ
▲このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2008- [脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜] All rights reserved
TTSレート