脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜





浴室手すりの設置のポイント

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜≫浴室手すりの設置のポイント

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜

脳卒中を患い、手足が麻痺して日常的な動作に支障が出ている場合、浴室がすべりやすくなっていますので、安全に使用できるようになんらかの対策が必要となります。
浴室は滑りやすくて、一般家庭の中ではもっとも転びやすい場所であり、腰や頭、手をついたりすると大変です。転倒するリスクがもっとも高い浴室には、手すりを設置することによって、転倒によるけがを未然に防ぐことができます。

また、浴室に手すりを設置することによって、家族の手を極力借りずに、自立できるようになります。ただし、手すりはやみくもにどこにでも付ければ良いというものではなく、付ける位置や形状などを間違えると、かえって転倒するリスクが高まる可能性もありますので、慎重に対処しましょう。

一般的な浴室の手すりの設置する位置は、L型手すり(浴槽内姿勢保持、立ち座り用)・・洗い場立ち座り用縦手すり・浴室出入り用縦手すりなどがあります。
基本的には、L型手すり・横手すり・縦手すりを上手に使い分ける必要があります。
それぞれの手すりの種類の違いにより、機能性にもさまざまな違いが出てきます。
L型手すりは縦・横両方の機能を持ち、横手すりは座位の移動・保持をサポートする機能、縦手すりは上下運動についてサポートするといった機能と役割を果たしています。

手すりを設置する上で、麻痺の症状の度合いや浴室のタイプなどにより、設置の仕方にもいろいろありますので、専門業者や作業療法士、医学療法士などに相談してみると良いでしょう。

  • 自己紹介
  • 脳卒中後の家庭でできるリハビリ
  • 脳卒中関連コンテンツ
▲このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2008- [脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜] All rights reserved
TTSレート