脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜





入浴の注意点

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜≫入浴の注意点

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜

私たち日本人は、毎日の生活習慣の中にある入浴は、健康に良いものであるといった認識を持っています。それは、日本は温泉大国であり、全国各地に行けば多数の温泉地があり、温泉に入浴すると、体がぽかぽか温まり、疲労回復やストレス解消に良いという認識を持っていることもあります。

ここでは、入浴に関する注意点についてご紹介しましょう。まず、さきほども書いたように、入浴は健康維持・疲労回復に良いという先入観を持つ人が多いゆえに、入浴の仕方によっては、危険をはらむ可能性もあるということについて、意外と知らない人も多いようです。

とくに、高齢者は入浴によって、急激な血圧の変化にともない、入浴中または入浴後に突然倒れる人もいます。冬の寒い時期は、脱衣所は寒いのに、入浴するとお湯が温かいのでかなりの温度差があり、これによって血圧が急激に変動しやすいので、脱衣所も温かい温度にして、温度にあまり差がないように工夫すると良いでしょう。

入浴は、毎日の生活習慣の中にあるものですから、ふだん何気なく行動していると、ともすれば血圧を急上昇させたり、健康に良いはずのお風呂が実は健康を害する可能性もあることを知っておかなくてはなりません。

入浴するタイミングにも十分な注意が必要です。食事をした直後は、食べ物の消化・吸収を良くするために、たくさんの血液が必要になります。食事の直後に入浴すると、消化器官へ流れる血液が減少してしまい、胃腸の本来の働きが低下しますので、食後1時間以内の入浴は極力避けましょう。

入浴の温度は、熱すぎずぬるすぎない程度の温度に設定すると良いでしょう。39〜41度の温度が適温です。とくに冬の寒い時期は、お湯の温度を熱くすると、体の芯まで温まりにくく、入浴後に急激に気温が下がり、急に倒れる原因になりますので注意が必要です。
入浴の温度が熱いと、血圧の変動が激しくなりますので、適温のお湯に入浴するように心がけましょう。

お湯の温度によって、高温浴・温浴・微温浴・不感温度浴に分類されます。高温浴き、42度以上のお湯で、入浴するときにすぐに足が入れないぐらいの熱さです。
42度以上の温度になると、心拍数が増加して、血圧の上昇、胃液の分泌が抑制され、交換神経が刺激されます。脳卒中など脳に疾患がある人はもちろんのこと、心臓が弱い人も、42度以上の温度のお湯に入浴するのは避けるべきでしょう。
温浴は、39〜41度で一般的な入浴の温度に適しています。血液循環やリンパの流れが促進され、入浴するときに熱くて入れないことはまずありません。

微温浴は37〜38度で、夏の暑い時期はこのぐらいの温度でもかまいません。お湯がややぬるいと感じられますが、長い時間つかっていても不快感をもよおすこともなく、心身の疲れがとれて副交感神経に良い刺激がもたらされます。胃液の分泌を促進するには、これぐらいの温度が適温です。心拍数はやや低下しますが、精神的にはとても落ち着きます。

不感温度浴は34〜37度でかなりぬるい温度になりますが、循環器系に悪い刺激をもたらす心配もなく、夏の暑い時期であれば少し長く入浴できるぐらいです。
入熱が出たときや血圧が安定しないときなど、体調がすぐれないときは、入浴を控えましょう。中高年者や脳疾患、心疾患がある人は、入浴前な熱や血圧を測定して、入浴できる状態かどうか、入念にチェックしましょう。

  • 自己紹介
  • 脳卒中後の家庭でできるリハビリ
  • 脳卒中関連コンテンツ
▲このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2008- [脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜] All rights reserved
TTSレート