脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜





脳卒中とトイレ

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜≫脳卒中とトイレ

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜

脳卒中を発症している人は、手足に麻痺が残り、日常生活の中で行う動作によっては、困難な場合もあります。ここでは、トイレで衣服の上げ下ろしをする動作のコツをご紹介していきたいと思います。

トイレで衣服の上げ下ろしをするには、トイレにはまず手すりをつけることです。トイレでの更衣動作は衣服をすべて脱ぐ必要はなく、服の上げ下ろしは、膝の部分まで良いでしょう。

トイレのスペースが限られており、慣れないうちは失敗することもあるかもしれませんが、安全にできる範囲で、まずは少しずつ慣れることが肝心です。
立位での衣服の上げ下ろしについて、安定した立位が可能である場合は、手すりにつかまって立ちます。
壁や手すりなどに寄りかかり、体を安定させておきます。健側の手で衣服をおろして、健側で体の重心を支え、前後から患側も下します。

お尻の半分の位置まで衣服を下して中腰の安定が良ければ、そのまま膝の位置まで下します。中腰が安定しているかどうかについては、麻痺側に届くことが、自立の目安と考えて良いでしょう。
さらに、便器に腰かけて左右交互に前にずらしていきます。衣服が濡れないように、膝の位置まで下します。

安定した坐位動作が可能な場合の坐位での上げ下ろしについては、お尻(麻痺側殿部)に重心をかけて健側を下して、麻痺側による重心支持が不十分であれば、壁にもたれかかって、体を安定させます。麻痺側で、重心を支えることができれば自立の目安となります。
健側足で立てるように、前に倒れないように注意しながら、麻痺側殿部を浮かせます。
服が濡れないように注意しながら、膝の位置まで衣服を下します。

ここまでは、ズボンを下ろす手順について述べましたが、用を足してからズボンを履くときは、下ろすときと逆の手順で行います。
体に麻痺が残り、トイレでの衣服の着脱の動作が困難な人は、ピッタリとした衣服だと、上げ下ろしが難しくなります。
腰の部分はゴムがやや緩めのもので、ワンサイズ大きいサイズの服を選ぶと良いでしょう。

膝の位置からズボンを下に下げると、足首の位置まで落ちやすくなります。足首に落ちた場合に、ズボンをつかんで履く作業が困難になりますので、注意が必要です。手が届かない場所に手を伸ばそうとすることで、両足のバランスを崩す可能性があります。
あせってしまうと、手順を間違えてしまい、失敗する可能性もありますので、トイレに行くときは尿意や便意を感じたら、ゆとりを持って早めに行くことです。

  • 自己紹介
  • 脳卒中後の家庭でできるリハビリ
  • 脳卒中関連コンテンツ
▲このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2008- [脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜] All rights reserved
TTSレート