脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜





失語症と構音障害について

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜≫失語症と構音障害について

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜

脳卒中や交通事故などにより、脳が損傷を受けると、脳が本来持つ言語機能について、働かなくなることがあります。
失語症は、言葉に関する機能で、聞く・話す・読む・書くといった機能について、これまでと同じように働かなくなる状態のことを指します。

一般的に、失語症でよくみられる症状については、下記の通りです。

  • とくに耳が聞こえないわけではないのに、言葉を聞いて理解することができない
  • 文章を理解することが困難になる
  • 話そうとする言葉が浮かんでこなくなる
  • 文字の認識ができなくなり、文字を見ても思い出せなくなる
  • 同じ言葉について言えることもあれば、言えなくなることもある
  • 思っていることと違うことを言うことがある

このような症状があれば、失語症にかかっている可能性が高いとみて良いでしょう。

私たち人間が、会話をしたり、文章を読んで意味を理解したり、文字を書くことができるのは脳神経の中に言語中枢が存在しており、おもに左半球に存在しています。
言語機能について、脳に損傷を受けた場合に、どの程度の症状が出るのかについては、損傷した部位やその程度により、格差が生じてきます。
言語中枢は、とくに利き手との関連性が高いと言われており、ほとんどの人が左半球にありますが、失語症にも、人によって症状の出方にそれぞれ違いがあります。

失語症と診断されても、まったく言葉が話せなくなるというわけではありません。
ただし、自然に話をしているように見えても、言葉の数が少なくなったり、話す言葉について、情報を伝える量が少なくなったり、言葉の言い間違いが目立つ、話し方がぎこちなくなるといったこともあります。
簡単な日常会話なら、とくに支障はなくても、長い文章や複雑な言い回しが困難になる場合もあります。

失語症は、精神的なストレスが原因で一時的にかかることもあると言われていますが、これとは別に、脳に損傷を受けた場合に、構音障害と言って、咽頭や舌、口唇など、発音や発声に必要な器官にダメージを受けてしまい、うまく動かせなくなることが原因で、言葉がしゃべれなくなり、発音ができない場合があります。
構音障害になると、舌や咽頭、口唇などが思うように動かせないので、会話に支障をきたすだけでなく、食べ物を食べるときにも、支障をきたしてしまい、摂食・嚥下障害になる可能性も十分にあります。


失語症と構音障害は、非常によく似ていると思うかもしれません。
いずれも、言葉を話すことが困難であるという点では、共通しています。
しかし、失語症と構音障害の違いを揚げると、発言機序が異なっていることがあげられます。

失語症は、脳神経の言語機能に障害があることで、文字や言葉をスムーズに理解することが困難になります。
したがって、自分の意思の伝達手段として、文字や言葉を用いることが難しくなるという特徴があります。
これに対して、構音障害は、脳神経の言語機能にはとくにダメージを受けていなくて、咽頭・口唇・舌などの発生発語器官が麻痺をしているせいで、うまく機能しなくなり、話をすることができなくなるということです。

構音障害は、発生発語器官の麻痺が原因ですから、文字や文章を理解して、言葉を書いて伝えることは、可能ですから、本来その人が持っている言語機能には、とくに支障はありません。
失語症になると、伝えたい言葉があっても、文字を書くにも言葉が出てこない、文字を間違えて書いてしまうというようなケースが見られます。

失語症と構音障害の違いをまずは理解して、どの程度の症状が出ているのか、きちんと把握しないまま、対処法を間違えると、意思の伝達がスムーズにできなくなり、コミュニケーションが上手に取れなくなります。
失語症と構音障害について、まずは適切な判断をすることが必要で、まずは、その人の状態をよく把握して、きちんとした対処をすることが重要であり早めの対策をとることで、スムーズにコミュニケーションが取れることにもつながります。

  • 自己紹介
  • 脳卒中後の家庭でできるリハビリ
  • 脳卒中関連コンテンツ
▲このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2008- [脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜] All rights reserved
TTSレート