脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜





摂食・嚥下障害について

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜≫摂食・嚥下障害について

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜

わたしたちが、ふだんの食生活で食べ物を口から入れて、胃に送り込まれるまでは、さまざまな器官が正常に働いています。
食生活が滞りなく、正常に行われているのは、器官の働きが正常に行われているからです。
この過程の中で、なんらかの障害により、食事ができなくなることを摂食・嚥下障害と言った呼び方をしています。

摂食・嚥下障害が引き起こされる原因として、さまざまな原因がありますが、おもな原因として、心理的原因・機能的原因・器質的原因といった3つの原因があります。

心理的原因とは、器官の構造上や機能性に関する問題はとくにありませんが、心理的なことが原因とされており、食べ物をうまく飲み込むことができなくなることがあります。
器質的原因として、頭頸部にできた腫瘍などが原因で、食べ物の通りが悪くなり、食べ物の通路がふさがれてしまうといった原因が考えられます。
機能的原因とし、脳血管障害などの症状により、器官の動きに問題があり、食べ物を飲み込むことができなくなることがあります。

私たち人間が、生命を健康に維持していく上で、食生活は欠かすことができません。
摂食・嚥下障害の症状が出ると、本来は、食べ物が食道に入るはずが、肺や器官に入ってしまい、誤嚥が生じやすくなります。
誤嚥と言ってもあまりピンとこないかもしれませんが、食べるときに器官が入ってしまい、むせてしまうといった経験をしたことがあると思います。

とくに、健康に問題がない人でも、このような経験がごくたまにありますが、摂食・嚥下障害になると、食生活が正常にできなくなります。
一般の人が誤嚥をするとむせるのに、摂食・嚥下障害になっている人は、誤嚥をしてもむせなくなり、不顕性誤嚥になることがあります。
摂食・嚥下障害になると、食べることに対する楽しみがなくなり、食事が思うように摂れなくなると、栄養バランスが悪くなり、脱水症状や低栄養となることがあります。
不顕性誤嚥になると、摂食・嚥下障害であっても、むせることがないので、つい安心してしまう傾向があります。
とくに、むせなくても、摂食・嚥下障害になっている場合もありますので、注意が必要です。

摂食・嚥下障害になると、風邪とよく似た症状を引き起こす可能性もあります。
食後に疲れが出たり、痰の量が増えたり、高熱が出る、元気がない、なんとなくぼーっとしている場合は、一見風邪の症状かと思っていたら、誤嚥性肺炎を引き起こしている可能性もあります。
摂食・嚥下障害は、早めに気づくことが必要で、専門機関での診察と検査を受ける必要があります。

摂食・嚥下障害である可能性が高いとされる症状で、むせること以外の症状には、下記のような症状があります。

  • 口の中にまだ食べ物が残っている状態になる
  • 体重が減少してきた
  • 食事中になんとなくぼーっとしている感じがある
  • 食事をしたあとに疲れたり、痰の量が増えたり、熱を出すことがある
  • 食事中に痰がからんだような感じの声になることがある (湿性嗄声)
  • 食事を終えるまでに時間がかかるようになってきた

食事中、または食事後にこのような点について、気になることがあれば、摂食・嚥下障害になっている可能性が高いと言えるでしょう。

  • 自己紹介
  • 脳卒中後の家庭でできるリハビリ
  • 脳卒中関連コンテンツ
▲このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2008- [脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜] All rights reserved
TTSレート