脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜





寝たきりはなぜよくないの?

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜≫寝たきりはなぜよくないの?

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜

脳卒中を発症して、手足に麻痺などの症状が出ると、毎日ベッドに寝たきりになるのではと不安に思う人も多いようです。
脳卒中の発症に限らず、病気にかかり、体力が低下すると、起きているのが疲れてしまい、寝ている姿勢のほうが楽になりますで、長期間、寝たままの状態でいると、自分では気づかないうちに、身体にさまざまな変化がみられるようになります。

寝たきりになることで、歩く動作をしなくなるので、足腰の筋力が急激に弱ってきます。
運動をしなくなるので、心肺機能が低下してきます。
身体を起こすと疲れやすいので、横になり、体力は使わないと低下しますので、急に大量を使おうとすると、さらに疲れやすくなる、身体を動かすと疲れやすいので、寝たきりになるといった悪循環になります。

病気にかかり、身体を安静にして休息する時間を持つことはもちろん大切ですが、過剰に休息すると、体力が低下する原因となります。
病気の治療には、体力をつけることも治療法のひとつであり、身体を起こして適度に運動をしたり、休む時間をとり、毎日メリハリのある生活習慣をつけることが、自然治癒力をアップさせることにもなります。

睡眠時間を十分に取とるのは、心身の健康には良いことですが、寝たきりが良いないのは、身体の重さを横から受けることになり、長時間寝たままの姿勢になると、やがて血管が圧迫されるようになります。そのため、血行不良を起こしやすくなり、体内に必要な栄養素や酸素が行き渡りにくくなります。つまり、寝たきりになることで、身体機能が本来のレベルよりも下がってしまうことになります。

毎日、横になっていて急に体を動かそうとすると、起立性低血圧になり、血圧が急激に降下して、眠気やめまい、吐き気などの症状が出る場合があります。
すでに寝たきりの状態になっている人も、毎日少しずつ体を起こして過ごすように心がけると良いでしょう。1日に4〜5時間程度は、身体を起こしたほうが良いとされていますが、最初は5〜10分程度にして、身体が慣れてきたら少しずつ時間を増やすと良いでしょう。
寝ている状態から、急に体を起こすのではなく、少しずつ徐々に身体を起こして、心身に負担をかけない程度にすることです。

電動ベッドに寝ている場合、背もたれを少しずつ上げて、まずは頭を起こすといった姿勢に慣れることです。身体が慣れてきたら、車椅子や歩行器などに移動して、少しずつ歩いたり、外の散歩をすると良いでしょう。

  • 自己紹介
  • 脳卒中後の家庭でできるリハビリ
  • 脳卒中関連コンテンツ
▲このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2008- [脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜] All rights reserved
TTSレート