脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜





脳卒中後の環境整備について

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜≫脳卒中後の環境整備について

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜

脳卒中を発症して、身体に障害がみられる場合は、環境整備が必要となります。環境整備とは、必要に応じて家屋を改造したり、日常生活を送る上で必要とされる福祉用具を活用することによって、活動範囲を広げて、転倒などの事故を防止するために施す工夫のことを指します。環境整備を行う必要がある場合に、介護認定を受けることで、費用の一部について、介護保険のサービスの範囲で賄うことができます。

これまで、脳卒中の患者がいるご家庭で環境整備を行った場所について調査したところ、トイレの改修工事がもっとも多く、次いで浴室・玄関・外回り・居室・廊下といった順となっています。

環境整備について、場所別に詳しくご紹介しましょう。トイレは、奴婢のうちで何度も使用する場所ですから、身体が不自由な方にも動作に支障が出ないように環境整備しておく必要があります。
とくに、高齢者の方は排せつの回数が増えてきますので、手すりをつけるなど環境整備を行うことによって、患者本人はもちろん、同居する家族にとっても、精神的・肉体的な負担が軽減されます。

浴室の環境整備が必要とされる理由をあげると、衣服の着脱や浴室の出入りなど、とくに滑りやすい場所ですから、患者が安全にかつ快適に動作ができる状態でなければなりません。しかし、入浴については、デイサービスを利用することによって、自宅で入浴をしない場合もありますので、浴室の改修工事はとくに行う必要がないと判断される場合もあります。

玄関の環境整備は、段差によりつまづく危険性がある場合もありますので、注意が必要です。必要に応じて、上がりかまちに椅子や台を置くと良いでしょう。また、歩行が困難である場合は、手すりの設置が必要となります。

玄関の上りかまちが高い場合、スロープを設置するか、たたきに20cm程度の高さの台を置いて、高低差を緩和する工夫が必要となります。スリッパや玄関マットなど、滑ったりつまづく原因となる物は、置かないように注意が必要です。

外回りの環境整備について、デイサービスを利用する人が多いことから、きわめてニーズが高いと言えるでしょう。車椅子を利用する人であれば、外回りの環境整備は必要であり、とくに段差を解消する必要が出てきます。脳卒中の患者が、外出しやすい生活環境を整えることによって、生活の質が向上して、社会とのつながりをより深めることができます。

高齢者が家庭内で転倒して事故の原因となるのは、居室で最も多い場所とされており、寝るときは布団よりもベッドのほうが、角度を自由に調節できますので、生活しやすくなります。介護用ベッドを揃える必要が出てきますが、レンタルでのご利用も可能です。

ベッドは、電動式で高さや角度が自由に調節できるタイプのものが望ましく、リモコン操作で簡単に調節できます。電動式のベッドがあれば、角度をお好みに調節すれば、食事もできます。
ベッドの頭側の半分に手すりを設置することで、立ちあがりや寝返りなどの動作が楽になり、身体的な負担が軽減されます。

  • 自己紹介
  • 脳卒中後の家庭でできるリハビリ
  • 脳卒中関連コンテンツ
▲このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2008- [脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜] All rights reserved
TTSレート