脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜





右半身麻痺になって〜右利きから左利きへの移行〜

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜≫右半身麻痺になって〜右利きから左利きへの移行〜

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜

右半身麻痺になって〜右利きから左利きへの移行〜

私は元々右利きだったのですが、今では左手である程度きちんと字も書け、お箸も綺麗に持つことができます。
字に関しては、入院中からしていたのですが脳を働かせるため「天声人語」的な文章を毎日ノートに書いていました。

始めはノートの行間にうまく字が入らないんですよ。
でも「継続は力なり!」とよく言ったもんで、それなりに行間にきちんと字が書けるようになり、書体も綺麗になり、書く速さも変わらなくなるんですよね。


お箸は妻によく言われました
「まだ若いんだし、左が利き腕になるねんからお箸もちゃんと持てるようになったほうがいいわ」


始めはお箸がクロスにならないように注意、だけどそればかり気にし過ぎてるとご飯もおかずもポロポロ落ちてしまい、口に運ぶまで本当に苦労というかイライラしました。
特に丸い食べ物、例えば「黒豆・芋の煮物…」すべるんですよ、これがまた…

いつだったか私がいつものように悪戦苦闘してるとき、前に座っている妻の表情をチラッと見たんですよ。
よく赤ちゃんに離乳食あげるとき、同じように口が開くじゃないですか?
まさに、その表情を妻がしていたのです。その時、私は大笑いしてしまいました。


1人では面倒くさくなって妥協し、フォークとかになっていたかもしれません。
そういう意味でも妻の「叱咤激励」には改めて感謝!感謝!です。
  • 自己紹介
  • 脳卒中後の家庭でできるリハビリ
  • 脳卒中関連コンテンツ
▲このページのトップに戻る
脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜リンク
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2008- [脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜] All rights reserved
TTSレート