脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜





半身麻痺で困ったこと

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜≫半身麻痺で困ったこと

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜

半身麻痺で困ったこと

リハビリテーション専門・ボバーズ記念病院に入院するまで、約1ヵ月自宅で過ごしていました。
まだまだ自分の精神が荒れていた時期です。

今現在もそうなんですが、何をしても右半身側がだるいのです。
マッサージしても治癒するものでないのですが、そのころは本当に妻・子どもたちにも揉んで(擦って)もらっていました。

家族にさえ「お父さんは身体がだるいねん!」と…言葉に表すのでもなく態度で表していたような気がします。
そんなこと家族は十二分にわかっているのに…


現在では…昔と比べて増したわけでもなく、相変わらずだるい状態が続いています。
ただ、ボバーズ記念病院を退院してからは、一度も「身体がだるい」という言葉も言っていませんし、マッサージもしてもらっていません。
「だるい、しんどい」と家族に打ち明けても、家族の雰囲気が重くなるだけですし、
なにより自分自身が余計にしんどくなってきそうな気がして…

病気になったのもある意味、自分のせいですし、一生この身体と付き合っていくわけですから。
そう考えると、身体のだるさも忘れてしまうこともあるこの頃です。

1日の睡眠、ちゃんと6時間取れています。
精神状態が荒れている時より、今の方がずっと元気なのかも!と自分でもそう思っています。

  • 自己紹介
  • 脳卒中後の家庭でできるリハビリ
  • 脳卒中関連コンテンツ
▲このページのトップに戻る
脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜リンク
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2008- [脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜] All rights reserved
TTSレート