脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜





半身麻痺になってから妻の生活も変わりました

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜≫半身麻痺になってから妻の生活も変わりました

脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜

半身麻痺になってから妻の生活も変わりました

妻は結婚してからも仕事を続けていましたが、第一子を妊娠すると同時に退職しそのまま主婦に専念していました。

私が37歳という若さで倒れてしまい、始めはお互いの両親の援助もありなんとか生活していました(もちろん障害者保険も)。

妻の意識の中では「いつまでも頼ってばかりではいけない」と…
いろいろ就職雑誌を購入し、ある程度時間の都合がつけれる職業・・・そこで思いついたのが保険会社だったようです。

もともと、私が倒れて「三大成人病」「入院費用5日目から〜」等々、保険に関することは全くの無知でしたし、私の保険自体も企業入社した4月に入ったもので、それ以降も時間にかまかけて、手付かずにしていました。

その後、妻は保険外交員になりました。始めはかなり苦労したようです。
もちろんノルマもそうですが、
「この保険がどんなに得なのかお客様はわかってくれない」
「お客様に邪険に扱われる」…

それ以前に、私が主人の代わりに養っていかなければならないという思いが強かったと…。


私はどうしようもない身体にストレスを感じ、妻は仕事の心労でストレスを感じ、一時期、本当によく喧嘩をしました。
妻もこの職業に就いて9年を迎えます。家族4人、楽しく過ごしています。
  • 自己紹介
  • 脳卒中後の家庭でできるリハビリ
  • 脳卒中関連コンテンツ
▲このページのトップに戻る
脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜リンク
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2008- [脳卒中〜家庭でできるリハビリ〜] All rights reserved
TTSレート